2019.2.25現在【MTG日程】

マルシェ:

3/6(水)10:00〜16:00

3/12(金) 10:00〜12:00

3/15(金)記者会見

イモ天学舎:

3/6(水)10:00〜16:00

3/12(金)10:00〜12:00

3/15(金)記者会見

2019.2.7  東北スタンダードマーケット視察

2019.1.31

ART MARCHE

コンセプト「山形のいいもの。あっと驚く山形アート」

イメージカラーはアースカラーで統一する。

 

【企画】

・装飾としては、A1サイズのポスターを制作し、4隅にイーゼルで配置する。

・ノボリ制作なし。

 

【広報】

・当日配布するパンフレットを制作。2/末完成→ラクスルへ発注。

・マルシェと学舎で各300枚程度。

・プレスリリースは2月と3月で各1回配信。記者会見については検討。

・instaで配信。商品写真はカネイリと相談。(いつぐらいに開始するかどうか)

 

【モチベーション】

エプロンを制作希望。デザイン案及びコスト計算を。学舎との連携必要ですね。

 

【商品選定】芸工大卒業生の販売ブースは、最大5。

TUAD STOREとの打ち合わせは2/13(水)12:00〜。

以下、選定していただきましたので、大学事務の原田さんに打診中。

 

【備品】コストがどんどん跳ね上がってきていますので、カット出来る個所を検討。

芸工大卒業生 第1候補群(順不同)

芸工大卒業生 第2候補群(順不同)

イモ天学舎

コンセプト「楽しく学ぶ」

 

・国語  日本語で遊ぼ

・理科1  スライム作り体験→イオン側から汚れ、手洗い方法など懸念あり。※下を御覧ください。

・図工  未来のイモ天を描こう

・音楽  手作りギターを作ろう

・社会  土偶作り

・理科  ダイラタンシー

 

イオンより

■受付方法/時間
⇒何時から受付開始なのか。
⇒必ず保護者の方と一緒に参加していただくことを条件とするなど細かい受付注意事項の設定。
■手が汚れた際のご案内
⇒特に『土偶作り』『ダイラタンシ―』はお客さまの手が汚れてしまいますので、ご案内が大切になってくるかと思います。
現状考えられるご案内としましては、終わった後に手をそのままの状態でお手洗いで洗っていただくのも難しいので、水を汲んだバケツなどを準備して予洗いしてただき、ウエットティッシュなどを手をふいていただく。
それでも汚れが気になるお客さまには、お手洗いをご案内していただく流れになるかと思います。
また、事前に手が汚れてしまう説明もしっかり行っていただくこと大切になってきますし、

洋服が汚れた場合の対応などを考えますと、リスクがあると思われます。

【企画】

・時間配分をどうするか。いつでも参加できるブースもあったほうが良いのでは。

・山形らしさ、芸工大らしさを企画に加える。

例)スライムの色を、紅花の色で表現してみる。→紅花の色素ではなく、あくまでも色だけでも。など。

・エプロンではなく、統一のネクタイなどで、先生らしさを出してみるのはどうか。

など、企画進行中。

 

【広報】企画が決まり次第、マルシェと合わせたプレスリリース配信ですね。

 

【備品】予算案を頂きました。会計ルールに従って、テスト購入を。

 

【編成】当日のスタッフの役割分担を考えましょう!

2019.1.30

最新のチーム表です。※欠席されていた佐藤真穂さん→企画チーム

イベントの実施場所です。

TUAD STORE(参考までに)

2019.1.28

【決定事項】

皆さんが考えたネーミング案よりイオンモール天童様に選定していただき、

 

3/30(土)  イモ天学舎  by 東北芸術工科大学

 

3/31(日)  ART MARCHE (アートマルシェ) by 東北芸術工科大学

 

に決定致しました!

by以降は皆さんが取り組むことを明記する必要があること。TUADですと分からない人もいるなど、

結果として、by東北芸術工科大学 を加えることになりました。

イモ天学舎とART MARCHE(アートマルシェ)をお考えいただいた方、おめでとうございます!

 

・School及びShopチームより、予算案が届きました。

弁当代、結構高くないか?と思いながらも(笑)、予算枠を確保しておきます。

 

・モチベーション班から何も音沙汰が無いのが気になります。ユニフォーム作る作らないの判断も、明日(1/29)締切となります。

 

 

2019.1.25

【1/25時点での緊急懸案事項】

・そもそも皆でオリジナルのユニフォーム作る件、どうします?→モチベーション班、いかがでしょう。

【SCHOOL】

【広報】

・プレスリリースの雛形を鈴木唯さんに送付済。

・イモ天サイドから出すチラシは、先方が作りますので、情報をどんどん伝えていくことが求められます

・プレスリリースは、芸工大の雛形で出していきますので、フォーマットをUPしますね。

・プレスリリースの期限→皆さん次第ですねー。早いに越したことはありませんが、

第1弾:2月中に企画発表して、学校企画の参加者を集める&申込みを煽る

 

第2弾:3月上旬にリリース  かなー  

 

【企画】

授業内容選定・コマごとの教員を選定し、詳細を決める。

天野さんから現時点での企画案を頂きましたので、イオン側に連絡します!

イベント実施可能時間なども、確認中です。

・絵の具→水を使うことについては、一旦無しとして、水彩絵の具ではなく、クレヨンorペンなど、水を使わないもので検討してください。

・音はどれだけだして良いのか、ヒアリングしておりますが、他店舗に迷惑をかけないことを前提にすると、あまり出せないですね。

〜こういった企画の場合〜

・企画内容を詰めていく中で、音を出すかどうか

・音が必要な場合、どのくらいかをしっかり定義する

・音が出せないとなった場合のことを先に考えて、音を出さなくても良い企画も作っておく。

・音が必要という場合(そういった企画・音を出さないと成立しない企画)は、ヘッドフォンなどで代案出来ないかということも考え、見積もりをしておく。

 

→その結果、どんな回答が来ても対応が出来て、企画が成立します。

 

・ゴミは持ち帰りが条件。

 

【備品】

企画と連携し、備品発注、準備(机・椅子・お弁当なども)

・机、椅子がどれだけ借りられるか、イオン側にヒアリング中です。

・実験のために購入せねばならないものなど、1/29までにリスト化し、予算案を作ってみてください。

・ゴミ袋必要。

・床に敷くものがイオン側にあるかどうか、ヒアリング中(必要に応じて購入ですね)

 

【編成】

当日の役割分担をリスト化

→天野さんと連携し、現時点での企画内容を共有し、教員役などを決めていきましょう。

 

【全体周知】

各担当と連携し、進捗の過不足を確認。スケジュール管理。

→私はこのHPで共有を進めていきますが、足りないところをご指摘ください!

【shop】

屋台

サイズ:約縦2000×横1500×奥行き1000

※資料は鈴木賢太さんに送付済。

 

Q.何台必要?

→配置イメージやサイズを考慮して、2月上旬には決めたいですね。

→レンタルコスト計算は、教員サイドでします。

→運搬をどうするのか(トラックでの運搬スケジュールなど)も検討必要ですね。

トラックの運転は私(本吉)にお任せください。

【広報】

・プレスリリースの雛形を加藤さんに送付済。

・リリースは、大学から配信します。(イオン側ではチラシなどで告知していただきます)

・まずは自由にたたき台を作って欲しいです。

・段階を分けて配信しましょう。

・全体の企画がどうなっているのか、情報収集が大事ですね。私からもシェアします。

 

【商品選定】

TUAD STORE (カネイリ)とのMTG、卒業生商品販売

・卒業生制作品画像を小国さんに送付済。セレクトして頂き、それを教学事務と共に、本人にアプローチ。

出店準備、お金の回収などはすべて出店者の責任とし、学生はその販売サポートにあたる。

・カネイリの仙台パルコ店に2/7(木)AMに訪問することで現地担当者アポOK

→小国さん、渡辺さん訪問確定。

 

編成】

商品選定と連携し当日の販売ブース設定・人員配置

当日の役割分担や、タイムスケジュールを決めていく。

名簿は現在制作中なので、完成次第シェアします。

そもそも何時にスタートするかなど、イオンと協議中です。

 

【企画】

販売ブースデザイン(ノボリなど)・コンセプト設定と行動指針

・商品がが売れる企画を詰めていきましょう。POPも必要では。

・今、企画名称をイオン側に投げておりますが、ノボリなどを作ったほうが良さそうです。

・どのように売っていきましょうかね。

 

【備品】

企画と連携し、備品発注、準備(机・椅子・お弁当なども)

・イオン側に貸して頂ける机、椅子の個数をヒアリング中。

・当日のお弁当選ばないとね。

 

モチベーション】

ユニフォームどうしましょう。予算確保は1/29まで!

【注意事項】

事前承認前の、学生からの出費は基本的にNGです。
・グッツ制作など、5000円以上の商品
→まず見積もりを取り、請求書を出して頂き、大学からの出費となります。
・5000円以下のもので、100円ショップレベルで購入できるようなものは立て替えてもOKですが、
すべて1/29までにある程度の予算枠の確保が必要です。
例)学校企画で1コマあたり1万円(内訳:クレヨン10本1000円・・など)
「東北芸術工科大学」で領収書をご用意いただければ、私が立て替えますが、
事前に大学サイドの承認が必要です。(私から、大学に申請書を書いて、提出、承認という流れです)
よって、「これ買っちゃいました」などは絶対に認められませんので、ご注意くださいね。